arioso

うたうように

落葉

冬晴れの紺碧の空に、赤い紅葉や黄色の銀杏がくっきりと映えている。

昨日、今日は坂道から一瞬だけ見える富士山も絵にかいたような姿で立っていた。

でも色とりどりの紅葉は、枯れて散る前の最後の輝きに思えてもの悲しさも。

新芽の頃、桜の花盛り、新緑の若葉、夏の光に照らされる濃い緑の葉の季節を

通り過ぎてきて、今、木から落ちる直前の最後の時。

風もないのに、あとからあとから降って来る落ち葉。。。

地面に横たわったまま、今までしがみついていた木を見上げて、何を思うのかなあ。

もうすぐそこに迫っている光景。

 

 

わが片足すでに墓穴に入りぬ


www.youtube.com